AWSCLI コマンドリファレンス

  1. VPCの作成
    aws ec2 create-vpc --cidr-block [CIDR block]
  2. サブネットの作成
    aws ec2 create-subnet --vpc-id [VPC ID] --availability-zone [アベイラビリティーゾーン] --cidr-block [CIDR block]
  3. ルートテーブルの作成
    aws ec2 create-route-table --vpc-id [vpcid]
  4. ルートテーブルとサブネットの関連付け(新規)
    aws ec2 associate-route-table --route-table-id [ルートテーブルID] --subnet-id [サブネットID]
  5. ルートテーブルとサブネットの関連付け(変更)
    aws ec2 replace-route-table-association --association-id [RouteTableAssociationId] --route-table-id [ルートテーブルID]
  6. インターネットゲートウェイの作成
    aws ec2 create-internet-gateway
  7. インターネットゲートウェイをVPCにアッタッチ
    aws ec2 attach-internet-gateway --internet-gateway-id [インターネットゲートウェイのID] --vpc-id [VPCのID]
  8. 名前の設定
    aws ec2 create-tags --resources [名前を付けるオブジェクトのID] --tags Key=Name,Value=[名前]
  9. Json形式での出力※コマンドの最後にオプションを付加
    --output json

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする