マネジメントコンソールおよびAWSCLIからルートテーブルを作成する方法

前回はAWSのルートテーブルの概要ついて説明しました。今回はルートテーブルの作成方法を説明します。

[目次]
1. マネジメントコンソールからルートテーブルを作成する手順
2. AWSCLIからルートテーブルを作成する手順

1. マネジメントコンソールからルートテーブルを作成する手順

1. [ルートテーブルの作成]をクリック。

2. ルートテーブルの名前とルートテーブルを作成するVPCを指定して[はい、作成する]をクリック。

3. 作成されたルートテーブルを選択し、サブネットと紐づける。

2. AWSCLIからルートテーブルを作成する手順

1. コマンドプロンプトで以下のコマンドを実効して、ルートテーブルを作成します。
コマンド例)
> aws ec2 create-route-table --vpc-id vpc-0cb735bae184ace88

書式)
aws ec2 create-route-table --vpc-id [ルートテーブルを作成するVPCのvpcid]

2. 以下のコマンドを実行し作成したルートテーブルに名前をつけます。ここでは「routetable01」という名前をつけています。
コマンド例)
> aws ec2 create-tags --resources rtb-0212dfa6172928323 --tags Key=Name,Value=routetable01

書式)
aws ec2 create-tags --resources [名前をつけるルートテーブルのルートテーブルID] --tags Key=Name,Value=[ルートテーブルの名前]

3. 以下のコマンドを実行しルートテーブルとサブネットを関連付けます。
コマンド例)
> aws ec2 associate-route-table --route-table-id rtb-0212dfa6172928323 --subnet-id subnet-0aabbd1b4e16aa055

書式)
aws ec2 associate-route-table --route-table-id [関連付けるルートテーブルのルートテーブルID] --subnet-id [関連付けるサブネットのサブネットID]

aws ec2

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大