マネジメントコンソールおよびAWSCLIからVPCを作成する方法

今回はVPCを作成する手順を説明します。
1. マネジメントコンソールからVPCを作成する手順
2. AWSCLIからVPCを作成する手順

1. マネジメントコンソールからVPCを作成する手順

1. VPCの作成をクリック

2. 名前タグおよびIPv4 CIDRブロックに設定値を入れ、[はい、作成する] をクリックします

2. AWSCLIからVPCを作成する手順

1. コマンドプロンプトで以下のコマンドを実効して、VPCを作成します。ここでは、「10.0.0.0/16」のVPCを作成しています。
コマンド例)
>aws ec2 create-vpc --cidr-block 10.0.0.0/16

書式)

>aws ec2 create-vpc --cidr-block [作成するVPCのCIDRブロック]

※これでVPCは作成されましたが、VPCの名前が空欄になっているので次の手順で名前を着けます

2. 以下のコマンドを実行し作成したVPCに名前をつけます。ここでは「VPC01」という名前をつけています。
コマンド例)
> aws ec2 create-tags --resources vpc-0cb735bae184ace88 --tags Key=Name,Value=VPC01

書式)
> aws ec2 create-tags --resources [名前を付けるVPCのvpc-id] --tags Key=Name,Value=[VPCの名前]

以上。次回はサブネットの作成方法について説明します。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大